【夢実現への第一歩】医療系の専門学校へ進学!

Medical profession.com

医療系の専門学校へ進学したいなら必見!【奨学金制度の違いを紹介】

医療職に就こう!

人の生活を支える仕事がしたいと、医療関係の仕事への就職を夢見ていませんか。それを実現させるためには、専門学校選びが重要です。専門的な技術や知識が学べる教育機関は全国に沢山あります。だからこそ、学校選びを慎重に行ないましょう。

奨学金には沢山の種類がある!

学校独自の奨学金制度

沢山の大学や専門学校が独自の奨学金制度を提供しています。また、学校ごとに条件や金額が異なるので事前に確認しておきましょう。

病院奨学金

病院奨学金は、医療系の専門学校へ進学したい人の多くが利用しています。その内容は、奨学金を出してもらった病院で一定期間働く事で返済が免除できるというものです。全国各地にある医療機関で提供しています。ですが、場所によって貸出金額や勤務期間などの条件に差異が出てきますよ。

新聞奨学金

新聞奨学金制度は、新聞販売店と契約をして働きながらお金が借りられる制度です。契約している販売店からは給料がもらえます。ですが、朝早くから仕事をするキツさから、途中で学校を辞めてしまうケースが多いようです。そうなると借りたお金を新聞奨学会へ一括返済しないといけないので注意しましょう。

民間団体が提供している奨学金

最近注目されているのが、地方自治体や民間団体が提供している奨学金制度です。Uターン就職など、場所によって条件が異なります。また、自治体が提供している奨学金制度の中には、他の奨学金制度との併用ができない場合もありますよ。そのため、事前に併用が可能かどうかを問い合わせておきましょう。

国が提供している奨学金制度

母子・父子家庭や、経済的な理由から進学が厳しい家庭を対象にした奨学金制度は、福祉制度の一環であります。お金を無金利で貸し付けてくれるのが特徴です。そのため、一度住んでいる地域の福祉窓口ですぐに相談してみましょう。この時に注意するべきなのが、制度の違いです。母子・父子家庭の場合と経済状況が厳しい場合では、利用できる奨学金制度が異なるので、事前に確認しておきましょう。

【夢実現への第一歩】医療系の専門学校へ進学!

男女

奨学金を利用するときの注意点

医療系の学校で奨学金を利用する場合には、ある事への注意が必要です。それは、一括返済の条件です。医療系の学校が提供している奨学金の多くは、国家資格合格を条件にしています。そのため、万が一国家試験に落ちてしまった場合、借りたお金をすぐに返済しないといけなくなります。そんな事態にならないためにも、事前に条件を確認すると良いですよ。

救済処置を知っておこう

進学のために奨学金制度を利用したのに、さまざまな理由から返済が滞ってしまう場合もあるでしょう。そんなときに備えて事前に救済制度を確認しておきましょう。救済制度の中には、一年間返済を待ってもらう制度や、返済額を半額にしてもらえる制度などがあります。それらを事前に知っておくことで、奨学金の返済が行ないやすくなるでしょう。

それぞれの違いを要チェック!

奨学金

多くの大学や専門学校が提供している奨学金は、在学中に利息は発生しません。そのため、教育ローンでお金を借りるよりも返済金額が少なくなります。しかし、卒業後に自分で返済をしないといけません。そのため、それを負担に感じる人がとても多いようです。

教育ローン

教育ローンは、民間の金融機関が提供しているものと公的機関のものと2種類あります。審査条件が甘いところが多く、一括で多額のお金が借りやすいですよ。ですが、審査の甘さに応じて利息が上がっていく傾向にあるので注意しておきましょう。

広告募集中